Brand JOY

「ルイ・ヴィトン ウォッチ プライズ フォー インディペンデント クリエイティブズ」第1回最優秀賞 受賞者 ラウル・パジェス

独立系ウォッチメイキングの世界を支援し、その革新性、大胆な姿勢、そして匠の技を称えることを目的に設けられたこの賞は、2年に1度、その名誉ある栄誉を授けます。
 
ルイ・ヴィトンは、独立系クリエイティブに捧げられた初の「Louis Vuitton Watch Prize for Independent Creatives(ルイ・ヴィトン ウォッチ プライズ フォー インディペンデント クリエイティブズ)」の受賞者として、ラウル・パジェスを選出したことを発表しました。この栄えある賞は2024年2月6日にパリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンで開催された授賞式典とカクテルレセプションの場で、ウォッチメイキングの専門家やファンが集う中、授与されました。この日は、フランスの音楽家ソフィアン・パマールによるライブパフォーマンスも行われました。

ラウル・パジェスについて
 
スイスのヌーシャテル州の小さな村に拠点を置くラウル・パジェスは、ウォッチメイキングの修復師として名を馳せた後、2012年に独立系時計製造業者としての道を歩み始めました。年間わずか4本のタイムピースを生み出す彼の作業は、デザインから機構の開発、製造、組み立て、そして仕上げに至るまで、全てが彼の手によるものです。彼の受賞作品である「RP1 - レギュラトゥール・ア・デタント」は、ピボット・デテント脱進機を備えたユニークな構造のステンレススティール製手巻き時計です。パジェス氏は、「『Louis Vuitton Watch Prize for Independent Creatives』を受賞することは、独立系時計製造業者としての私の仕事に対する最大の賞賛です」と述べています。
 
本賞について
「Louis Vuitton Watch Prize for Independent Creatives」は、ルイ・ヴィトンのウォッチ部門ディレクター、ジャン・アルノーによって創設されました。この賞は、卓越したウォッチメイキングと匠の技を象徴し、2年ごとに、次世代の時計職人を目指すクリエイティブな才能、匠の技、そして革新性を称えるために、「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」のサポートを受けて授与されます。
 
「Louis Vuitton Watch Prize for Independent Creatives」は、世界中の独立系ウォッチデザイナー、職人、起業家を対象としています。初回の応募には1,000点近くが集まり、これらの作品は、小売業者、コレクター、専門のジャーナリスト、アーティスト、職人、デザイナー、そしてその他の時計愛好家を含む国際的なウォッチエキスパート委員会によって評価されました。この評価は、デザインと美学、クリエイティビティと大胆さ、技術的イノベーション、細部へのこだわりと仕上げの品質、そして複雑さの5つの基本的な基準に基づいて行われます。
 
審査の最終段階では、業界から選ばれた5人の専門家による厳正な審査が行われました。アワーグラスのグループマネージングディレクター、マイケル・テイを中心とする審査委員会には、タグ・ホイヤーのムーブメントディレクター、キャロル・フォレスティエ-カザピ、著名なコレクター兼作家のアウロ・モンタナーリ、独立系時計メーカー、アトリエ・アクリヴィアの創設者レジェップ・レジェピ、そして独立系ウォッチ専門のジャーナリストでSJXウォッチズの創業者、ジアシャン・スーが参加しました。
 
受賞以上に価値あるもの
初の受賞者であるラウル・パジェスには、時計の精度を高めるために不可欠なテンプ上の部品から着想を得た、螺旋形の優美なシルバートロフィーが贈られました。このトロフィーは、独立系ウォッチメイキングの進化を象徴するものであり、受賞者の名を刻んだ熟練の彫刻師による手仕事です。特別にアニエールにある歴史あるアトリエで手作りされたモノグラム・キャンバスのトロフィートランクに納められて贈られ、ルイ・ヴィトンの伝統に敬意を表した「Victory travels in Louis Vuitton」のVシグネチャーが手描きされています。オリジナルのトロフィーは「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」に展示され、パジェス氏には名前入りのシルバーレプリカトロフィーが授与されました。さらに、彼には1年間のメンターシップが提供され、独立系時計メーカーがエキスパートの指導の下で創造性と商業的成功を結びつける貴重な機会が与えられます。
   
「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」について
2002年に「タンブール」を発表して以来、ルイ・ヴィトンは旅への情熱を背景にウォッチメイキングを展開し続けています。2014年10月には、ジュネーブに新しいウォッチメイキングアトリエを開設し、「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」と名付けました。この先進的な施設では、伝統的な手法と最新のテクノロジーが融合し、ルイ・ヴィトンの時計製造に携わる職人たちが、スイス製の品質をさらに高める環境で作業しています。
 
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイト https://www.louisvuitton.com  をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
     

BRAND SEARCH

CATEGORY

ABOUT

「BRANDJOY.JP」はラグジュアリーブランドなどの最新動向に関連するニュースをセレクトしてお届けしています。新作やコレクションを中心に、新規オープン、ビジネス・業界情報をまとめてチェック。

ARCHIVES

ARCHIVES

TOP