Brand JOY

京都大学とシャネルの共同研究から新たな化粧品が誕生

 京都大学は、2020年12月9日、合同会社シャネルR&Iとの共同研究によって新たに誕生した化粧品のオンライン記者発表を行った。京都大学医学研究科の松田文彦教授と合同会社シャネルR&Iは、2014年に「ながはま0次予防コホート※」を利用した共同研究を開始。長期にわたり1,000人以上の女性の皮膚の状態を測定し、参加者のゲノム情報や健康関連情報と合わせて解析している。この共同研究から得られた新たな方向性「健康な肌とは」という視点から、それに関連する遺伝的背景を特定。2020年12月9日、研究成果を製品開発に活かした新たな化粧品「ル ブラン セラム HLCS」を発表した。

続きを読む(大学ジャーナルONLINE)

TOP