Brand JOY

ロレックスが認知度・好感度とも首位 日経7300人調査

日経電子版の読者はどんな時計ブランドを好むのか。保有本数は、最高価格帯は――。日本経済新聞社メディアビジネスユニットではこのほど、ビジネスパーソンの腕時計の保有実態や関心の高さを探る「時計消費・関心度調査」を実施した。回答数は7300人に達し、回答率は当初予想の3倍を超えた。調査では86%が2本以上を持っており、27%が50万円以上の時計を保有していると回答したほか、時計の選び方で最優先するのは「デザイン」であることも分かった。コロナショック後、高額消費が冷え込んでいるが、資産価値がそれほど変わらない時計への関心の高さをうかがわせる内容となった。

続きを読む(NIKKEI STYLE)

TOP