Brand JOY

銀座メゾンエルメスで深淵なる宇宙の海に身を浸す、『コズミック・ガーデン』サンドラ・シント展がいよいよ再開。

3ヶ月の臨時休館を経て、銀座メゾンエルメス フォーラムで、ブラジル出身のアーティスト、サンドラ・シントの個展が再開した。壁面をトーンの異なる青で塗り尽くし、星や波、雪の結晶、橋などの神話的なモチーフを壮大なドローイングで表現。光を湛えるガラスブロックの壁面に呼応し、空間に身を置くことで宇宙の深淵を体感できるインスタレーションだ。

続きを読む(Pen Online)

TOP