Brand JOY

#バーバリー が新しいクリエイティブシリーズの第一弾となる2022年秋冬プレコレクションを発表

(C) Courtesy of Burberry_Chris Rhodes
 
(C) Courtesy of Burberry_Chris Rhodes
 
バーバリーは、 チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるリカルド・ティッシによりデザインされた2022年秋冬プレコレクションを発表しました。

「私はコレクションを発表するにあたり、 いつもと異なる体験を探究したいと考え、 今後のプレコレクションはシーズンごとに新しいクリエイティブな人々に委ねることに決めました。 彼らは、 プライベートにおいても独自のクリエイティビティで私に影響を与える特別な人々です。 クリエイティビティとは自由であり、 そして他人との共感とコミュニケーションなのです。 それはあなたの声であり、 アイデンティティであり、 あなたが他の人と共有したいと思うあなたの一部なのです。 私は、 彼らとクリエイティブな言葉を交わして会話し、 どういう風に私のアイデンティティを解釈して実現していくのかを見ることがとても楽しみでした。

今回、 この新たなクリエイティブシリーズの第一弾である2022年秋冬プレコレクションにおいて、 Lea Tが私の最初のパートナーであることを発表できることを嬉しく思います。 Lea Tは私の愛するファミリーの一人であり、 動物や自然に精通しているだけでなく、 強いフェミニニティと、 リラックスした優しくロマンティックな柔らかさをバランス良くもち合わせています」
リカルド・ティッシ、 バーバリー チーフ・クリエイティブ・オフィサー

このコレクションは、 スタイルとアイデンティティ、 一体感と自由、 自然とアウトドアを称えています。

バーバリーの今を築くハウスコードにモダンなツイストが加えられ、 エクレクティックなブリティッシュスタイルに、 探究心とさらに先へ行くためのパワーが溶け込んでいます。 コレクションは、 冒険と発見を軸にテーマが展開され、 物理的な世界とパーソナルなレベルにおいて、 クリエイティビティと自己表現の境界線を取り去っています。

2022年秋冬プレコレクションは、 バーバリーのフレンズやファミリーを起用した新しいクリエイティブシリーズの第一弾となります。 今後のプレコレクションはリカルド・ティッシとパートナーを組む形で、 コレクションごとにさまざまなバックグラウンドをもつインスパイアリングな人々を起用します。 彼らは、 リカルド・ティッシがバーバリーで築いてきたブランドのアイデンティティを解釈し、 コレクションのスタイリングや、 自身のクリエイティブアイデンティティを取り入れた表現方法を実施します。 今回は、 リカルド・ティッシの長年のコラボレーターとしての関係性があり、 バーバリーファミリーの一人でもあるLea Tを起用。 彼女はバーバリーのキャンペーンや、 2021年春夏ランウェイショーにモデルとしても参加した経歴があります。  

コレクションはアウトドアを深く追求したものとなっています。 シグネチャーであるアウターウェアは、 若々しさと、 伝統的な実用性や探検スタイルの新鮮な解釈からインスパイアされ、 新しいオーバーサイズのシルエットや、 再構築されたディテールでリフレッシュされました。 イギリス諸島やミラーで作られた地球のモチーフ、 モノグラムマップなどの新しいプリントを施したシルクツイルのショートスリーブシャツ、 ウールスカート、 Tシャツにもその影響が見られます。 また、 前シーズンより引き続き、 イギリスのクラフトムーブメントの自由さが、 ドレスや、 ジオメトリックプリントを施したジャケット、 オーバーシャツ、 ジャンパーなどの流動的なアイテムに反映されています。

「クリエイティビティとは、 環境や情熱など、 個人の興味に密接に関連しています。 すべては私たちの視野を広げ、 創造的な自己表現の追求につながります。 それは、 人生でもっとも重要で、 高いチャレンジの一つです。 なぜなら、 自分が何者かを理解するための勇気と強さを必要とするからです。

私はリカルドと長年一緒に働いてきましたが、 今回の新しい観点はとても良い経験になりました。 なぜなら、 この表現方法は、 洋服を生み出したクリエイターの周囲にいる人に焦点を当てているからです。 この取り組みを通して、 リカルド自身が固定観念を捨て、 彼の身近にいる人の新しい解釈をシェアしてくれました。 そして、 彼は私たちのビジョンをとても尊重してくれました。

今日のバーバリーは、 自由を築き、 素晴らしいものを創造する場所を与える大きな窓のような存在です。 ブランドのヒストリーを省みても、 現代の生活に通ずる興味深いものがある一方、 イギリスの大自然へエスケープしたいと思っている人々の願望が感じられます。 私は、 イギリスの自然と、 自分にとっての自然の両方に敬意を表しています。 自分にとっての自然が、 たとえ私たちが生活している社会が作り上げた規範から外れていたとしても、 それを大切に思う限り、 人生をかけて挑戦することが重要だと思っています」
Lea T、 スタイリスト
 
(C) Courtesy of Burberry_Chris Rhodes
 
(C) Courtesy of Burberry_Chris RhodesWOMEN

トレンチコートはビブ(胸当て)や、 ベージュとニュートラルカラーのパッチワーク、 ダークトリュフブラウンのラムスキンで再構築されました。 カーコートは、 ケープディテールを取り入れたソフトフォーンや、 ディープファーングリーンのトロピカルギャバジン素材の新しい解釈で登場。

ウールのテーラードコートは、 ボタニカルスケッチプリントのTシャツと、 膝上までスリットが入ったワイドパンツを合わせています。 そのほか、 キャメルのモヘアブレンドで製作した手触りの良いフェイクファーアウターや、 レザーのラペルをレイヤードしたコートが展開されます。

テクニカルジャケットは、 ナイロンとリブニットのハイブリットから、 トレンチコートからインスパイアされたジップパネルのショート丈のパーカまで、 ファッション性の高い機能性を取り入れています。 また、 ダウンを詰めたスタイルには幾何学模様のステッチが、 バーンジャケットにはダイヤモンドキルティングが施されています。

「トラベル」をテーマに、 シーズナルなマッププリントを施したシルクシャツやスカーフが登場。 ドレープスカートや、 70年台スタイルのコーデュロイのワイドパンツと組み合わせられました。 今回新登場となる山形模様のチェックは、 カシミアケープやチャンキーニットカーディガン、 ウールのテーラードジャケットにジャカード織で表現されています。 ボディスーツやフレアパンツなどに取り入れた紐のディテール、 スリーブレスドレスに取り入れた構築的なホイップステッチのストラップ、 カットアウトディテールは、 コレクションの随所に見られます。

イブニングウェアとして、 ブラックやディープマルベリーのシルクジョーゼットのストラップレスのロングドレスを展開。 シアリングカラーを取り入れた、 リコンストラクトされたフライトジャケットとともにスタイリングされました。 また、 カラーブロックのビスコースのミドル丈ドレスや、 モヘアウールのドレープが入ったアシンメトリーなドレスは、 裾がスプリットされたパンツと合わせてられています。

MEN
クラシックなアウターウェアへの大胆なアプローチとして、 キャメルのテーラードコートにはボタニカルスケッチプリントがアップリケされ、 ウールとカシミアのフーデットジャケット、 ワイドパンツとの組み合わせで登場しました。 パネル仕立てのカーコートは、 象徴的なコットンギャバジンにキャメルヘアとウールを融合させた素材で製作されています。 そのほか、 トーマス・バーバリー モノグラムのカットアウトを施したデザインでアクセントを加えたブラックのレザーのボンバージャケットや、 ラペルを誇張したダメージレザーのピーコートも展開されます。

ドローストリングのウエストで再構築したカーコートの上にダークオリーブのポンチョを羽織り、 新たなスタイルを探究しています。 アウトドアの影響を受けたカラーブロックのパデッドスタイルや、 幾何学プリントを施したオーバーシャツ、 取り外し可能なフード付きのダークトリュフブラウンのパーカも新しいスタイルの一つです。 今シーズン初登場となるマッププリントは、 コットンセーターやオーガンザTシャツ、 モノグラムのシルクシャツに施され、 すべてコーデュロイのカーゴパンツと合わせて登場しました。

取り外し可能なナイロンツイルのパネルをあしらったカシミアとウールのハイブリッドスタイルのカーディガンは、 イングリッシュフィットのタキシードや、 ウールのテーラードコートの上にレイヤードする反抗的なスタイリングで魅せています。 ニットウェアは、 クリスタルを刺繍したケーブルニットセーターや、 カットアウトディテールを取り入れたダークトリュフブラウンのウールセーターなどのエレベートされたデザインが続きます。
 
SHOES AND ACCESSORIES
ウィメンズでは、 レザーのオーバーザニー ソックスブーツや、 コントラストの効いたトップステッチを施したチャンキーヒールのレースブーツ、 レザーやヴェルヴェットのサンダル、 ロゴグラフィックを施した光沢あるスタッズをアクセントにしたレザーローファーが展開されます。 また、 レザー素材や、 トレンチコートのベルトのディテールを取り入れたスチレットヒールサンダルのほか、 オーバーシューズのディテールが象徴的なスニーカーは、 新たにラムスキンのキルティング素材のオプティックホワイトカラーで登場しました。 ネットのディテールとチェックを再構築したソールが特徴的なスライドは、 ブライトオレンジとブラックのラバー素材で製作されています。

BAG
クラシックなクロスボディスタイルのElizabeth Bagが初登場。 フロントの留め具にロゴグラフィックをエンボスしたディテールがポイントで、 ブラック、 ウォームタン、 ミッドナイトネイビーのレザー素材で展開されます。

2022年春夏コレクションで初登場したRhombi Bagには、 ブラックのキルティングチェックのラムスキン素材や、 ダークバーチブラウンのレザーやコットンブレンド素材を使ったケージのようなデザインで、 新たな解釈がもたらされました。 Lolaファミリーは、 マッププリントを施したシルク素材のボディにトータスシェル加工のチェーンストラップをあしらったクラシックシェイプのタイプから、 ウォームタンやニードルパンチのキャンバス素材のバケットバッグタイプまで、 引き続きバリエーション豊富にラインナップ。 同じくシグネチャーのオリンピアバッグは、 クールベージュのカーフレザーにエンボス加工を施したデザインが新しく登場します。

イギリス諸国のマッププリントとモノグラムモチーフは円形のLouise Bagに施されました。 そのほか、 ラビットシェイプのダークブラウンのフェイクファーバッグや、 大ぶりのチェックで表現したキャンバスとレザー素材の旅行バッグ、 モノグラムをキルティングで施したブラックのラムスキンのトートバッグなどが展開。

KEY COLOURS
キャメル、 ソフトフォーン、 ディープトープなどのニュートラルなカラーパレットに、 ダークトリュフやディープビーチ、 ダークバーチブラウンなどの秋らしいトーンが調和します。 ブライトオレンジやディープファーングリーン、 ペールブルー、 レッドがアクセントとして加えられています。

KEY PATTERNS AND PRINTS
モノグラムパターンのマッププリントや、 イギリス諸国、 地球のモチーフがシーズナルプリントとして多用されています。 また、 ボタニカルスケッチやラベルプリントも新しく追加されました。 ハウスチェックは、 新しい山形のパターンや、 ダークバーチブラウンの大ぶりのパターンに再解釈されて登場しています。 他にも、 ベージュとニュートラルカラーのパッチワーク、 幾何学模様のカラーブロックがキーパターンとして展開されます。
 
(C) Courtesy of Burberry_Chris Rhodes
 
(C) Courtesy of Burberry_Chris Rhodes

バーバリー公式サイト
burberry.com
LINE @burberry_jp
Instagram @Burberry
Twitter @Burberry_Japan
Facebook  @BurberryJP

TOP