Brand JOY

#グッチ レストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」が東京にオープン

グッチは、2021年10月28日、東京・銀座のフラッグシップショップ「グッチ並木」の最上階に、イタリアのフィレンツェ、米国のロサンゼルス・ビバリーヒルズに続く、世界3店目となるコンテンポラリーなイタリアンレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラトウキョウ」をオープンします。
 

Image Hiroki Kobayashi
 
グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラは、グッチ オステリアという一つの傘の下で同じ価値観や理念を大切にしながら、世界の選ばれた都市でそれぞれに進化するコンテンポラリーなレストランです。伝統的なイタリア料理にクリエイティビティ、エレガンス、遊び心、センシュアリティを織り込み、その土地ならではの多様性とアイデンティティを表現した独創性あふれる料理をご堪能いただけます。

そしてこのたび東京にオープンする本レストランは、メインダイニング48席、テラス12席を備え、ランチ、ディナー、そしてイタリア・スタイルのアペリティーヴォをご提供します。ヘッドシェフにフィレンツェの本店からアントニオ・イアコヴィエッロを迎え、若々しいエネルギーとグッチ オステリアのフィロソフィーを東京にもたらします。

本レストランのメニューは、世界的に高い評価を得ているマッシモ・ボットゥーラ(ミシュラン3つ星に輝き、2016年と2018年に「TheWorld's Best Restaurant」に選出されている「オステリア フランチェスカーナ」のオーナーシェフ)、カリメ・ロペス(フィレンツェのグッチオステリアのヘッドシェフで2020年にミシュラン1つ星を獲得)、そして東京のヘッドシェフとなったアントニオ・イアコヴィエッロがアイデアを出し合い開発しています。
 

Image Gabriele Stabile
 
アラカルトメニューには、「エミリア バーガー」や「トルテッリーニ パルミジャーノ・レッジャーノ クリーム」といったグッチ オステリアのシグネチャーディッシュも含まれています。またイタリア料理をベースに日本料理からのインスピレーションを取り入れた「パルミジャーナラーメン」や「和牛 ミラノ風」といった東京オリジナルのシーズナルメニューも登場します。 マッシモ・ボットゥーラは次のように述べています。「イタリアと同様に、その土地の文化と深く結びついている日本食や食材は、間違いなく世界で最も魅力的な料理のひとつです。日本は私にとってとても特別な場所であり、私たちの東京のレストランに皆さまをお迎えすることを心から楽しみにしています」
 

Image Gabriele Stabile
 

Image Hiroki Kobayashi

350種類以上のワインのセレクションやカクテルなど、多彩なドリンクのメニューも取り揃えます。また、ルーフトップテラスでは、日曜日を除く毎日16時から18時まで、伝統的なイタリアのアペリティーヴォとしてシャンパンや軽食をお楽しみいただけます。

フィレンツェのグッチ オステリアからインスピレーションを得た本レストランのインテリアには、イタリア ルネサンスやグッチの折衷的な美学があらゆるところに息づいています。1階のレストラン専用エントランスを入ると、ミステリアスな雰囲気の歩廊がまっすぐに奥のエレベーターへと誘います。グッチ デコール コレクションから取り入れたティアン プリントのウォールペーパーには、ウッドの格子が重ねられ、冬の庭園のような幻想的な雰囲気を醸し出しています。ダイニングフロアでは、さまざまなグリーンのカラーパレットが各部屋の空間を特徴づけ、深いピーコックグリーンのベルベットで覆われたソファーシートが、淡いグリーンカラーのパネリングや大理石のダイニングテーブル、籐のチェア、グッチ デコールのテーブルウエアと印象的なコントラストを描き出しています。

中でも、グッチのクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレが収集したアンティークにインスピレーションを得たパターンをハンドペイントであしらったウッドフローリングは、グッチ オステリア トウキョウの個性を際立たせます。またグッチを象徴するシンボルのひとつであるスター モチーフも取り入れられ、メインダイニングルームへ向かうホールのシーリングライトや開放的な空間を植物が心地よく彩るテラスのフロアにもモザイクで表現されています。さらに、パティオのドアの奥には「Room of Mirrors」と名付けられた美しいプライベートダイニングルームがあります。ヨーロッパのアンティークミラー、美しい光沢を放つ木製ボアズリー、グッチ デコール コレクションのウォールペーパーで装飾されたこの部屋では、最大8名のゲストを迎えることができ、居心地のよいエクスクルーシブなダイニング体験を提供します。並木通りに面したファサードのガラスのエントランスからは、この通りのシンボルであるシナノキの街路樹を見ることができます。
 

Image Hiroki Kobayashi
 
Gucci Osteria da Massimo Bottura
グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ トウキョウ
住所:東京都中央区銀座6-6-12 グッチ並木4F
ウェブサイト:www.gucciosteria.com
電話番号:03-6264-6606
営業時間:ランチ 月曜日 - 土曜日 11:30-14:30
日曜日 11:30-15:30
ディナー 月曜日 - 土曜日 18:00-23:00
アペリティーヴォ 月曜日 - 土曜日 16:00-18:00( テラス席のみ、雨天クローズ)
バー 月曜日 - 土曜日 18:00-23:00(テラス席のみ、雨天クローズ)
※今後の状況によっては、事前の予告なく営業時間等が変更となる可能性もございます。予めご了承ください。


グッチ オステリア ビバリーヒルズがミシュランで1つ星を獲得
 

Images Gabriele Stabile 
 
ロサンゼルスのレストラン、グッチ オステリア ビバリーヒルズが、世界的に権威のある「ミシュランガイド カリフォルニア 2021』で1つ星を獲得しました。

グッチ オステリア ビバリーヒルズは、ミシュラン3つ星に輝くイタリア・モデナのオステリア フランチェスカーナのオーナーシェフであるマッシモ・ボットゥーラのもと、若きシェフ、マッティア・アガッツィが率いる、カリフォルニアの食材を取り入れた現代的なイタリア料理のレストランです。

マッティアはカリフォルニアの地で、旬の最高の食材を使用し、伝統的なイタリア料理をベースに遊び心あふれる解釈を加えた新しいタイプの料理を創り出してきました。最新のメニューには、サンタバーバラ海岸産のウニをエッグ タリオリーニとグアンチャーレ風カラマーリにあえた「ウニ カルボナーラ」や、肉厚のマスに旨味を最大限まで引きだしたアミガサダケを添えた「アイ ラブ ロック クライミング」などがあります。
 
今回のミシュラン1つ星の獲得について、マッティアは次のように述べています。「今回の受賞により、グッチ オステリア ビバリーヒルズのチームの皆の努力が報われました。世界中のホスピタリティ業界にとって非常に困難な時期が続く中、私たちもオープンから僅か数週間後に休業を余儀なくされ、再開できたのはそれから数ヶ月後のことでした。しかし、チームは、この期間にも常に新しいスタイルや食材の料理を生み出すことに専念し、力を合わせて情熱的に取り組みました。世界有数の食材が手に入る私たちは幸運です。ロサンゼルスと偉大な州であるカリフォルニアの食材を使ってコンテンポラリーなイタリア料理を創作することができることは、私たちにインスピレーションを与えてくれます。それが認められたことは、本当に特別なことです。Grazie!」

グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラは、グッチ オステリアという一つの傘の下で同じ価値観や理念を大切にしながら、世界の選ばれた都市でそれぞれに進化するコンテンポラリーなレストランです。そのベースにある料理哲学は、クリエイティビティ、エレガンス、遊び心、センシュアリティをシーズンごとに織り込みながら、その土地ならではの多様性とアイデンティティを表現することにあります。そしてそのDNAには、グッチというブランドの若々しいエネルギーとシェフマッシモ・ボットゥーラの哲学が取り込まれ、常にその時代のフレッシュな存在でありながら、未来へ向けて前進を続けるというレガシーが受け継がれています。 詳しくは、www.gucci.com をご覧ください。 

TOP