Brand JOY

ジョシュア・シュルマン、#マイケル・コース CEOに就任 2022年9月にカプリ・ホールディングスCEOに就任予定

ロンドン2021 年8月24日、 グローバルファッションラグジュアリーグループ「カプリ・ホールディングス・リミテッド (ニューヨーク証券取引所でのティッカーシンボルはCPRI)」は、 同日付けでマイケル・コース最高経営責任者にジョシュア・シュルマン氏が就任したことを発表しました。 シュルマン氏は、 カプリ・ホールディングス会長兼最高経営責任者ジョン・アイドルに直属し、 マイケル・コースの全ビジネスを統括します。 また、 2022年9月には、 シュルマン氏がカプリ・ホールディングス最高経営責任者に就任し、 ジョン・アイドルはエグゼクティブ・チェアマン(会長)に就任します。

シュルマン氏は、 タペストリー社 コーチ社長兼最高経営責任者を経てカプリ・ホールディングスに入社します。 2012年から2017年まではニーマン・マーカス・グループにてバーグドルフ・グッドマンの社長を務め、 2014年のMyTheresa.comの買収に伴ってNMGインターナショナルの社長も兼任しました。 また、 それ以前にもイヴ・サンローラン、 グッチなど世界的なラグジュアリーブランドで上級職を歴任してきました。

カプリ・ホールディングス会長兼最高経営責任者のジョン・アイドルは次のように述べています。 「シュルマン氏をマイケル・コース最高経営責任者としてカプリ・ホールディングスに迎えられることを嬉しく思います。 シュルマン氏は小売業での幅広い経験と、 ラグジュアリー分野での深い見識を備え、 ブランドを成長に導いた実績を有する、 傑出したリーダーです。 」

任命を受けて、 ジョシュア・シュルマン氏は次のように述べています。 「マイケル・コース最高経営責任者としてカプリ・ホールディングスに加われることを光栄に思います。 私は、 マイケルのデザインビジョン、 そしてジェットセットグラマーを体現しながらタイムレスなファッションを創造し続けるこのブランドを長年敬愛してきました。 」

シュルマン氏は2022年9月にジョン・アイドルの後任としてカプリ・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)に就任し、 カプリ・ホールディングスの取締役にも任命されます。

カプリ・ホールディングス会長兼最高経営責任者のジョン・アイドルは次のように続けています。 「シュルマン氏の就任は、 熟慮の上で計画されたリーダーシップ継承プランの一環です。 シュルマン氏は今後1年間マイケル・コースのブランドに注力した後、 2022年9月には、 カプリ・ホールディングス最高経営責任者に就任します。 取締役会と私は、 シュルマン氏の個性と能力が最大限に発揮され、 カプリ・ホールディングスを統率してくれることを確信しています。 彼の成果重視のリーダーシップスタイルと、 お客様を中心に捉えたグローバルブランド構築への情熱が、 グループ傘下3ブランドの将来性を最大限に引き出してくれるものと期待しています。 」

シュルマン氏のカプリ・ホールディングス最高経営責任者就任に際し、 現カプリ・ホールディングス会長兼最高経営責任者のジョン・アイドルは、 エグゼクティブ・チェアマンに就任し、 取締役会でのリーダーシップを継続します。

カプリ・ホールディングス会長兼最高経営責任者のジョン・アイドルは「来年秋のCEO交代に向けて、 計画を進めていきます。 グループ全体の戦略的方向性、 さらには戦略的買収の可能性においても、 シュルマン氏と協力していくことを楽しみにしています」と述べています。

ジョシュア・シュルマンは、 「来年、 カプリ・ホールディングスの最高経営責任者に就任することを大変名誉に思い、 興奮を抑えきれません。 カプリ・ホールディングスは、 世界有数のファッション・ラグジュアリー・グループとして独自の地位を築いています。 いずれも創業者自らが牽引する3つのブランドのためにチームが成し遂げた功績の数々に対し、 私は大きな敬意を抱いています。 カプリ・ホールディングスの戦略的ビジョンのもと、 アイドル氏と取締役会とともにカプリ・ホールディングスを更なる成長に導くことを楽しみにしています」と述べています。

カプリ・ホールディングス・リミテッドについて
カプリ・ホールディングス・リミテッドは、 デザイン、 スタイル、 クラフトマンシップにおいて業界をリードする有名ブランドで構成されるグローバルファッションラグジュアリーグループです。 傘下ブランドが扱う製品は、 ウィメンズ及びメンズアクセサリー、 フットウェア、 レディ・トゥ・ウェア、 ウェアラブル端末、 腕時計、 ジュエリー、 アイウェア、 あらゆる種類のフレグランスなど、 ラグジュアリーファッション領域におけるすべての分野を網羅しています。 グループとしての目標は、 各ブランドの独立性とそれぞれのDNAを確実に維持しながら、 世界規模のブランドビジネスを継続的に拡大することです。 カプリ・ホールディングス・リミテッドはニューヨーク証券取引所に、 CPRIのティッカーシンボルで上場しています。
 

TOP