Brand JOY

#コーチ 、"Coach Conversations" エピソード 5 を公開

コーチは、 カルチャー、 コミュニティ、 クリエイティビティ (創造性) をテーマに配信されるYouTubeシリーズ “Coach Conversations” のエピソード5を公開しました。 今回は俳優であり、 コメディアンでもあるボブ・ザ・ドラァグクイーン (Bob the Drag Queen)、 ボールルーム カルチャーのパイオニアであり、 プロデューサーでもあるジャック・ミズラヒ (Jack Mizrahi)、 そしてリアリティショーのスターであり、 起業家でもあるTsマディソン (Ts Madison) が登場します。



“Chosen Family”(選ばれた家族)、 自分らしい生き方を見つけること、 そしてその道のりを楽しむことについて語り合うこのエピソードは、 “Pride (プライド)” をたたえて公開されました。 この中で、 3人はコーチの非営利パートナーであるヘトリック・マーティン・インスティテュート (Hetrick-Martin Institute) の若者からの質問にも答えています。「家族に理解があったから、 私はとてもラッキーだったと思う。 それでも、 自分を見つけるために、 家族とは離れなければならなかったんだって気がするわ。 ニューヨークに引っ越してきて、 ドラァグクイーンを始めたとき、 私の中で何かが音を立ててはっきりと変わったの。 世間が私について言っていることはすべて悪いことだったけど、 それでも、 ううん、 それだからこそ、 自分が祝福されてるんだなって分かったの」とボブ・ザ・ドラァグクイーンは言います。

一方ミズラヒはこう語ります。 「ボールルームのドアをくぐったときに、 私に魔法がかかったのね。 要は私の居場所が見つかったのよ。 だって、 自分が溶け込むことのできる場所をやっと見つけたんだもの。 」  「6秒で私の人生が変わったの」と言うのはマディソン。 「子供の頃、 トランスの女の子を見る機会なんてほとんどないじゃない。 でも、 私のゲイのママが、 私に『あなたってそうじゃない?』って聞いてくれたの。 私はそのママがすぐに大好きになったわ。 」

LGBTQIA+コミュニティをサポートし、 今年の “Pride” をたたえるために、 コーチ財団も “Dream It Real(ドリーム イット リアル)” イニシアチブの一環として、 8年来のパートナーであるヘトリック・マーティン・インスティテュートをはじめ、 アルバート・ケネディ・トラスト (Albert Kennedy Trust)、 ポイント・ファウンデーション (Point Foundation)、 センターリンク:コミュニティ・オブ・LGBTQセンターズ (CenterLink: The Community of LGBT Centers) に寄付を行い、 若者を支えるコミュニティと若者たちを結びつけるこうした団体の活動を支援しています。  

Coach Conversations では、 ”Black History Month (黒人歴史月間)” 、 ”Pride (プライド)”  などの意義あるタイミングで新しいエピソードを公開していきます。  

@Coach; #CoachNY #CoachConversations

【読者の方からのお問い合わせ先】
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
0120-556-750       
www.coach.com

 

TOP