Brand JOY

「メゾン」のモテスペック4強は、モンクレール、ロエベ、ボッテガ・ヴェネタ、プラダでした

ブルゾン26万6000円/3 モンクレール グルノーブル(モンクレール ジャパン)、ニット2万5000円/スローン、パンツ2万8000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、メガネ3万3000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

いつも最先端のトレンドを発信するメゾンブランドですが、ここ数シーズンの傾向として挙げられるのが、コレクションにハイスペックなアイテムを取り入れるブランドが、確実に増えているってこと。現在のファッションにおいてスペックが重要視されている証ですが、それらはさすがの出来映えで、「モテスペック」も最先端にしてハイスコアなんですね。アピール度も高く、これは使わない手はないじゃないですか。過酷な雪山で着用者を守るハイスペックダウンの開発から始まった「モンクレール」の歴史。そのスゴさが世界最高峰のダウンの品質は維持しつつ、最先端のモードと融合したこと。つまり最高に暖かく、最高に格好いいのですよ。複数の気鋭クリエイターとのコラボプロジェクト「モンクレール ジーニアス」。そのなかでも特に機能性を追求したのが、サンドロ・マンドリーノによる『3 モンクレール グルノーブル』です。

続きを読む(LEON)

TOP