Brand JOY

#ルイ・ヴィトン フレグランスのメイド・トゥ・オーダー サービス「オート パフューマリー」を開始

世界に一つだけのフレグランスが作れるスペシャルオーダー (C)Louis Vuitton Malletier

ル イ・ヴィトンは、 パーソナライゼーションの真髄(こころ)を不朽のものとし、 メゾンのインハウス・マスター・パフューマー、 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードと共に、 フレグランスにおけるメイド·トゥ·オーダー サービス「オート パフューマリー」を開始いたします。
 

グラースで創造される唯一無二のクリエーション

すべてのはじまりは、 香水や皮革製品の産業が古くから栄えた南仏グラースに佇む、 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードのクリエイティブ アトリエ「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」──2012年以来、 メゾンのために至高のフレグランスが調香されてきた場所です。 そして今、 ジャックは、 1854年の創業からルイ・ヴィトンのDNAに深く根差してきたスペシャルオーダーの伝統に倣い、 お客様の要望に応じてパーソナライズした唯一無二のフレグランスを生み出すために、 メイド·トゥ·オーダー サービスのアトリエを開設します。
   
「私のクリエイティブ アトリエで作られる唯一無二のフレグランスをお客様に纏っていただければと考えました。 私にとって、 このメイド・トゥ・オーダー サービス『オート パフューマリー』は、 メゾンの本質を象徴します。 なぜなら、 究極のパーソナライゼーションは、 常にルイ・ヴィトンの中心にあるからです」とジャックは語ります。
 
この唯一無二の特別な機会は、 お客様の香りのポートレートを作成することが目的です。 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、 お客様の嗜好から、 想い出、 ライフスタイル、 香りの習慣にいたるまで、 あらゆるカウンセリングを行います。 そのプロセスの中で、 ジャックとお客様との間に本物かつ親密なコラボレーションが実現するのです。
この特別なコンサルテーションの後、 ジャックはグラースにある自身のアトリエ「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」で調香をはじめ、 数種類の配合を考案します。
 

そのために、 世界の隅々にまで赴いて手に入れた最高級の原料を厳選し、 そのお客様のパーソナリティに最もマッチした香りの変化を生み出します。 その後、 微細なディテールにいたるまで香りのニュアンスを洗練させ、 まさしくオーダーメイドの調合を完成させるのです。 

卓越したショーケース 

フレグランスの配合が最終決定するまでに数ヶ月を要します。 その後、 「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」の中心に設けられたメイド・トゥ・オーダーのフレグランス専門の新たな空間「アトリエ・ダール」において、 手作業で調合されます。
 
一方、 フレグランスを収納する専用トランクは、 ルイ・ヴィトンのすべてのスペシャルオーダー品が生み出される歴史的なアニエールのアトリエで製作されます。このパーソナライズできるユニークなトランクは、 100mlボトル4本、 200mlボトル3本、 100mlトラベルケース1個、 トラベルスプレー1個、 レフィル16本を収納します。
 
サステナブルなサービス
 
ルイ・ヴィトンのすべてのフレグランスと同様に、 メイド・トゥ・オーダー サービス「オート パフューマリー」には、 リクエストによるレフィルサービス*が提供され、 フレグランスを販売するルイ・ヴィトンの一部店舗にてご利用いただけます(*日本ではレフィルサービスの取扱いはなし)。それぞれのお客様専用の配合は、 「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」にあるルイ・ヴィトンのアーカイヴで永久に記録として残るため、 お客様の香りのシグネチャーは、 永遠のものとなります。
 
スペシャルオーダー:歴史的なサヴォアフェール

創業以来、 ルイ・ヴィトンは、 稀少で卓越した製品を望まれるお客様に寄り添い、 パーソナライゼーションの真髄(こころ)を不朽のものとしてきました。 その伝統は、 1854年からトランクを製作してきたルイ・ヴィトンのDNAに刻み込まれています。 1859年には、 パリ近郊にあるアニエールにアトリエが開設されました。 現在にいたるまで、 世界中のトラベラーのために作られるトランクやスペシャルオーダー品の数々は、 このアトリエの熟練した職人たちによって製作されています。著名な指揮者レオポルド・ストコフスキーのために作られた象徴的な「デスク・トランク」やバローダのマハラジャが所有した「ティー・ケース」も、 このアトリエで生まれました。 近年では、 FIFAや全仏オープン、 NBAなど、 世界で最も格式の高いスポーツのトロフィーを運搬するためのケースをはじめ、 「スニーカー・トランク」や1920年代の化粧ケースの現代版となる「ヴァニティ・ケース」もこの歴史的なアトリエで製作されました。


【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LVParfums #LouisVuitton #ルイヴィトン 

TOP