Brand JOY

#ブルガリ BVLGARI ROMA : TRAVEL TALES FOR BEAUTY LOVERS 発刊


1884年の創業以来、 建築、 芸術、 文化の遺産を抱くローマの壮麗な美しさは、 ラグジュアリーとスタイルの提供者として名を馳せるブルガリにとって尽きることのないインスピレーションの源となってきました。 このたび、 ローマに深く根づいたブルガリから『BVLGARI ROMA:TRAVEL TALES FOR BEAUTY LOVERS』が誕生しました。 これは永遠の都を紹介する、 他に例のない  ガイドブックであり、 都市のランドマークとそこからインスピレーションを得たブルガリのタイムレスなデザインとを巧みに結びつけています。

例えばアイコニックな「ビー・ゼロワン」のリングのデザインは、 ローマの究極のシンボルであるコロッセオにインスパイアされています。 八角形の幾何学模様が繰り返される「オクト」の時計のシェイプは、 マクセンティウスのバシリカに見られる格間天井からヒントを得ています。編集者 兼 アートディレクターのヤン・クラリチェクは、 序文で次のように述べています。「建物の曲線がいかに、 そしてなぜネックレスの曲線と類似点があるのか、 幻想的な絵画のディテールからアイコニックな   ブレスレットの物語がどのように紡がれるのか、 あるいは建築物が持つ二面性がリングのデザインにどのように親密且つ  繊細に反映されるのかをご理解いただけることになります」

本書はポータブルなサイズで、 歴史を感じ、 芸術と感動にあふれた前例のないローマのツアーへと読者を誘います。 ランドマークやモニュメントに関する実際のガイドに加え、 現代イタリア文学界でも有名なローマの著述家たちがこの都市を最も象徴する場所からインスピレーションを得て書いたショートストーリーを交えた多彩な内容となっています。 さらに、 アンナ・デッロ・ルッソ、 リリー・オルドリッジ、 エンニオ・モリコーネ、 ロベルト・ロッセリーニ、 ボーイ・ジョージ、 フランチェスコ・ヴェッツォーリなどファッション、 シネマ、 スポーツ、 音楽界の有名人をはじめ、 ローマで生まれた、 ローマに縁がある、 または、 ローマを熱烈に愛しているなど、 この都市とつながりのある人物からの寄稿で、 より一層充実した一冊となりました。                                                                                                                                                                           
ユニークな本書は、 典型的なガイド本を超えるレベルの洗練さを誇る、 ローマを愛する人や訪れる人に向けたもの です。 『BVLGARI ROMA:TRAVEL TALES FOR BEAUTY LOVERS』は、 密接な関係にあるローマとブルガリスタイルを熱烈に愛するファンが待ち望んだ一冊です。
 

本書について:『BVLGARI ROMA:TRAVEL TALES FOR BEAUTY LOVERS』

編集:ヤン・クラリチェク
文:コスタンティーノ・ドラッツィオ、 アンドレ・アシマン、 テレーザ・チアバッティ、 メラニア・マゾッコ、 フランチェスコ・ピッコロ
価格: 米国 40.00ドル・カナダ 55.00ドル・英国 27ポンド、 日本5,190円(12月14日現在)
出版元:リッツォーリ・ニューヨーク社
発売時期:2020年12月
ハードカバー、 サイズ 12.7×17.78cm 、 全304ページ、 カラーイラスト300点

ヤン・クラリチェクは、 プラハのカレル大学で文化人類学とメディアを学びました。 現在は『Vogue』チェコスロバキア版でクリエイティブ・ディレクター、 『Vogue』ポルトガル版および『GQ』ポルトガル版の総編集長を務めています。コスタンティーノ・ドラッツィオは、 美術史家、 ローマ市文化遺産局のキュレーターであり、 古代および現代美術に関するエッセイや小説の著者でもあります。

アンドレ・アシマンは『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラー『君の名前で僕を呼んで』、 『Find Me(僕を見つけて)』をはじめ、 多くの著書やエッセイで知られる作家です。 アシマンはライターズ・インスティテュートの所長であり、 ニューヨーク市立大学グラデュエートセンターで比較文学を教えています。 彼の作品は『ニューヨーカー』誌、 『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』誌、 『ニューヨーク・タイムズ』紙、 『ニュー・リパブリック』誌、 『コンデナスト・トラベラー』誌に掲載され、 『ベスト・アメリカン・エッセイ』にもたびたび寄稿しています。

テレーザ・チアバッティは、 ローマ・ラ・サピエンツァ大学で現代人文科学の学位を取得しました。 彼女の初めての小説『Adelmo, torna da me(アデルモ、 帰ってきて)』は、 2005年にカルロ・ヴィルズィ監督により映画化されました。 多くの文芸誌やアンソロジーに作品を掲載していると同時に、 『コリエーレ・デラ・セラ』紙にも定期的に寄稿しています。

メラニア・G・マゾッコには多数の著作があり、 27カ国で出版されています。 ベネチアの画家ティントレットに関する彼女の作品には、 小説『La lunga attesa dell’angelo(天使の長い待ち時間)』、 壮大な伝記『Jacomo Tintoretto & i suoi figli. Storia di una famiglia veneziana   (ジャコモ・ティントレットと彼の子どもたち、 ベネチアの家族の歴史)』、 ドキュメントフィルム『Tintoretto(ティントレット)』などがあります。 彼女は映画、 演劇、 ラジオにも作品を寄せ、 『ラ・レプッブリカ』紙にも寄稿しています。

フランチェスコ・ピッコロには多数の著作があり、 『コリエーレ・デラ・セラ』紙にも定期的に寄稿しています。 彼はエレナ・フェッランテのベストセラー小説をテレビシリーズ化した『My Brilliant Friend(私のすばらしい友達)』など多くの脚本も手掛けています。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 

TOP