Brand JOY

#ブルガリ 特別なものを求める方のために「ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ スポーツ」が誕生

2000年にブルガリが傘下に収めた天才デザイナーの名を冠したブランドが再びスポットライトを浴びます。 ブランドの卓越した技術を巧みに取り入れ、 ジェラルド・ジェンタのスピリットを伝える新たなモデルの登場です。
 

ブルガリは、 「ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ スポーツ」を発表します。 20世紀の最も傑出したウォッチデザイナーとして、 多くの人々に認められているジェラルド・ジェンタ。 彼に敬意を捧げた最新のジェラルド・
ジェンタモデルで、 ブランドのシグネチャーの1つをよみがえらせます。 ジェラルド・ジェンタの革命的なスピリットをまさに代表する厚手で丸みのあるおなじみのアリーナケースに収めたタイムピースは、 なめらかで幅が広く、 カーブしたブラッシュ仕上げのチタン製ベゼルが特徴です。  

このたび発表する2020年バージョンは、 長きにわたる物語をより豊かに追い求めています。 2019年に50周年記念モデルとして発表した「ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ  50周年記念モデル」は、 プラチナ製のベゼルとケース、 ブルーのダイアルとストラップを特徴としていました。 アイコニックな1969年のデザインをベースに、 再考したジェラルド・ジェンタのロゴを施したこのウォッチは、 このデザイナーの見事な才能と、 ブルガリのウォッチメイキングの成功に対してジェラルド・ジェンタブランドが果たしてきた重要な役割への賛辞と言えます。 この発表でジェラルド・ジェンタの復活を告げました。 今年ブルガリは、 2020年の新モデルの発表とともに、 今後も予定されている製作中のモデルがあることを合わせて発表します。  

この新しい2020年の「ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ スポーツ」は、 12時の位置に施した窓に表示
するジャンピングアワーが特徴で、 分表示はブラックとアンスラサイトのダイアルの上半分で弧を描き、 60分ごとに分針がゼロに戻ります。 同様に日付は6時の位置に小さめな弧を描くように表示されます。 BVL 300 キャリバーで駆動し、 両方向巻き上げ式自動巻きムーブメントで42時間のパワーリザーブを誇り、 傷防止加工のサファイアのケースバックを通してその複雑機構を見ることができます。 チタン製のアーディヨンックルを施したマットブラックのアリゲーターストラップ付きです。

ジェラルド・ジェンタのレガシー

近年、 ブルガリのウォッチはスイスウォッチメイキングにおけるリナシメント(ルネサンス)の最先端にあります。 そこでは、 専門技術がローマのジュエラーの卓越した美意識とシームレスに融合しています。
「オクト フィニッシモ」のような世界記録を破り続けるデザインは、 こうした他に類を見ない手法が結実たものであり、 ジェラルド・ジェンタがブルガリのウォッチメイキングの世界にもたらした卓越した技術がなければ、
成し遂げられなかったでしょう。

 1969年、 デザイナーでありウォッチメイキングの天才であるジェラルド・ジェンタは自身の名を冠したブランドを立ち上げると、 現代で最も目を引くアイコニックなタイムピースを作り出しているとすぐに認められるように
なりました。 彼のデザインは多岐にわたり、 スポーティーシックなモデルやグランドコンプリケーションを発表しただけでなく、 レトロ グラードやバイ レトロ グラードムーブメントで新しい時間の読み方を取り入れました。

1996年、 彼はリストウォッチにおいて、 ジャンピングアワーとレトロ グラード ミニッツを初めて組み合わせ    ました。 これは大きな功績であり、 厳密さが要求される希少な複雑機構は、 精密な熟練の技が成し遂げた偉業を象徴しています。
 

ブランドのシグネチャーである初代のアリーナウォッチは市場に初めて登場したレトロ グラードウォッチであり、 以来、 この特徴的な厚手のケースは、 このデザイナーの突出したサヴォアフェールを示す金字塔となっています。 古代のアリーナの構造に着想を得た建築的な形状が特徴です。 古代の アリーナは闘技会やさまざまな見せ物を行う場所として使われ、 ルディと呼ばれたこの闘技会では グラディエーター(剣闘士)と珍しい動物との戦いを見せていました。 これは力や一族の名声を見せつけるためのものであり、 当時大変な人気がありました。

当時のアリーナウォッチはクラシックなミッキーマウスのウォッチケースとしても有名で、 この天才ウォッチメーカーが決して遊び心を忘れないことを示しています。 気まぐれな心を思い切り表現したミッキーマウスのウォッチは、 思いも寄らないインスピレーションを的確に実行に移しながら、 センス・オブ・ワンダー(不思議なものを面白がる感性)をウォッチメイキングの技術に取り入れたものでした。

 2000年、 ジェラルド・ジェンタブランドはブルガリの傘下に収まり、 続いてそのチーム、 アーカイブ、 知見もル・サンティエにあるブルガリウォッチのマニュファクチュールに統合されました。 この統合により、 数十年間育まれてきた専門技術は、 ブルガリがオートオルロジュリーの世界で匹敵するものがない     存在となるための基盤を築く助けとなりました。 このたび ブルガリは、 ジェラルド・ジェンタのロゴを施した新しいモデルを発表し、 ジェラルド・ジェンタのヘリテージに再びスポットライトを当てます。 ブランドの    特徴的なデザインコードと機械式ムーブメントに新たな命を吹き込みます。
 
「ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ  スポーツ」
品番・価格:  SAP103448 ・ 価格未定 
ケース:  直径43 mmチタン製ケース、 厚さ:12mm、 チタン製リューズ、 ブラッシュ仕上げ チタン製ベゼル
ダイアル:ブラックとアンスラサイトのダイアル、 イエローのインデックス及び針
ブレスレット:チタン製アーディヨンバックル、 マットブラックのアリゲーター製ストラップ
ムーブメント:キャリバーBVL 300 バイ レトロ、 機械式マニュファクチュールムーブメント、
  自動巻き(両方向)ジャンピングアワー、 レトログラード表示の分(210度)と 日付け(180度)、
振動数28,800回転/時、 42時間パワーリザーブ、   300パーツ、 33石、 直径:26.20mm、 厚さ:6.10mm
防水性:  100m防水
発売時期:  2020年12月   


お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100
    

BRAND SEARCH

CATEGORY

ABOUT

「BRANDJOY.JP」はラグジュアリーブランドなどの最新動向に関連するニュースをセレクトしてお届けしています。新作やコレクションを中心に、新規オープン、ビジネス・業界情報をまとめてチェック。

ARCHIVES

ARCHIVES

TOP