Brand JOY

オーデマ ピゲ ジャパン株式会社 スイス高級時計ブランド オーデマ ピゲが東京ミッドタウンでのエキシビション開催を発表

『時計以上の何か』と題したエキシビションを開催
ル・ブラッシュ– スイスの高級時計ブランド、 オーデマ ピゲは、 2019年10月19日から11月4日まで、 東京ミッドタウン(芝生広場)で『時計以上の何か』と題したエキシビションを開催します。 このオーデマ ピゲが受け継ぐ地理的、 文化的、 歴史的遺産を感性で巡る旅は、 東京ミッドタウンが“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトに毎年開催し、 今年で13回目を迎える「Tokyo Midtown  DESIGN TOUCH」の一環として行われるものです。

『時計以上の何か』では、 型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法の研鑽を重ね、 職人技の追求を続けるオーデマ ピゲの職人たちのストーリーを紹介します。 マティユー・ルアヌールの着想をもとに、 ダン・ホールズワースや池田亮司、 アレクサンドル・ジョリーらのアート作品で彩られるエキシビションは、 コンテンポラリーアートやデザインというレンズを通してマニュファクチュールの故郷や職人技、 そして時の複雑性を視覚化します。 オーデマ ピゲにとっては、 さまざまな創作の間で交わされる創造的な対話や豊かな交流を促し、 アーティストとの長きにわたるコラボレーションを育む場にもなっています。

今回のエキシビションでは、 オーデマ ピゲ・ヘリテージコレクションから厳選された歴史的に価値のあるヴィンテージウォッチから現行モデルまで150本以上の時計が展示されるとともに、 スイス・ジュラ山脈にある人里離れたジュウ渓谷で創業された1875年から、 最新コレクションCode 11.59 バイ オーデマ ピゲの発表まで、 144年以上続くマニュファクチュールの歴史を紹介します。 時計の円環を思わせるブロンズで仕上げられたリング状の展示スペースには12の部屋が設けられ、 数々の世界初の記録を含む、 オーデマ ピゲのマイルストーンの数々が紹介されています。 エキシビションでは、 1875年にジュール=ルイ・オーデマの時計学校の卒業制作でつくられた懐中時計を含め、 クロノグラフ、 チャイミング、 アストロノミカルなどの複雑機構を搭載したユニークな逸品も数多く展示される予定です。

“To break the rules, you must first master them.”型を極める。 型を壊すために。

開催概要
期間: 2019年10月19日(土)から11月4日(月・振休)
場所: 東京ミッドタウン 芝生広場
入場料:無料 (予約は特設サイトから9月初旬より開始予定です。 )                 

Follow us on:
Facebook:
https://www.facebook.com/audemarspiguet    
Instagram:
https://www.instagram.com/audemarspiguetsavoirfaire/
https://www.instagram.com/audemarspiguetgolf
LinkedIn:                            
https://www.linkedin.com/company/audemars-piguet
Twitter:                 
https://www.twitter.com/AudemarsPiguet
Weibo:                 
https://e.weibo.com/audemarspiguetchina  
Youku:                 
https://i.youku.com/aptvofficial
YouTube:                          
https://www.youtube.com/c/audemarspiguet   

#beyondwatchmaking
#APxArt
#AudemarsPiguet
@Audemars Piguet

  

TOP