Brand JOY

アトリエ・スワロフスキー、WATER SCHOOL(水の学校)コレクションの発表によって、世界の水資源の保全に貢献

 アトリエ・スワロフスキーは、 最新のチャリティコレクションを世界水の日である2019年3月22日(金)に限定されたアトリエ・スワロフスキー取扱店舗で発売します。 水にインスパイアされたこのコレクションは、 水資源の保全に貢献するもので、 売り上げの一部がスワロフスキー Water School(水の学校)プログラムに貢献する資金となります。

“Atelier Swarovski Waterschool Collection” ネックレス(LARGE) ¥11,000(税抜) 2サイズ・各5色展開

 アトリエ・スワロフスキーのWaterschool (水の学校)コレクションは、 貝の形のフルクリスタルのペンダント。 曲線を描くペンダントは、 著名な映像作家で、 環境問題研究家でもあるCéline Cousteauがデザインしました。 2サイズ展開で、 紐の色が違う5色が揃っています。 このコレクションの小売価格の一部はスワロフスキー Waterschool (水の学校)プログラムに寄付されます。

 スワロフスキー Waterschool (水の学校)は、 スワロフスキーの重要な地域投資プログラムであり、 世界で最も希少な資源である水の保全のために、 2000年に設立されました。 このプログラムを通して、 スワロフスキー Waterschool (水の学校)は、 世界7カ国の50万人を超える若者を対象に、 新鮮な水の大切さについて、 その使用、 保全、 そして大切に扱うための方法を啓蒙しています。 さらに、 スワロフスキー Waterschool (水の学校)はシンプルに「水を大切に、 プラスチック汚染の防止に努め、 自分の健康を守ろう」と行動を呼びかけ、 あらゆる人が水資源を保全できるように取り組んでいます。 詳しい情報は、 swarovskiwaterschool.comでご覧ください。

 1895年に、 創業者のダニエル・スワロフスキーがオーストリア・アルプスで会社を設立して以来、 スワロフスキーにとって水は不可欠な要素であり続けています。 クリスタルの制作に欠かせない水が潤沢であったことが、 彼がこの地を選択した理由でした。 スワロフスキーは依然として、 この地でクリスタルの制作を続けており、 地球のすべての生命の源としての水への理解をますます深めています。 このコレクションを通じて、 アトリエ・スワロフスキーは次世代の人々が水質保全のアンバサダーとなるようインスパイアすることを目指しています。

 アトリエ・スワロフスキーWaterschool (水の学校)コレクションは、 世界の限定されたアトリエ・スワロフスキー取扱店舗とオンライン( www.atelierswarovski.com )にて、 世界水の日である2019年3月22日に発売します。

Atelier Swarovski Waterschool Collection 日本国内取扱 店舗 (全3 店舗)
スワロフスキー銀座、 スワロフスキー心斎橋、 富山大和

 Atelier Swarovskiは、 ジュエリー、 アクセサリー、 ホームデコールの分野で究極のクリスタル表現を追求する
スワロフスキーのプレミアムコレクション。 ファッション、 ジュエリー、 建築、 デザインの分野の一流の才能とのコラボレーションを通じて、 クリエイティビティの限界に常にチャレンジしています。 毎年2回、 ニューヨーク、 ロンドン、 パリのファッションウィークでジュエリーとアクセサリーのコラボレーション・コレクションと常に進化し続けるコア・コレクションを発表。 2016年4月にミラノ・デザインウィークで発表されたAtelier Swarovski Homeには、 機能性を兼ね備えた装飾的オブジェが続々と登場しました。 Atelier Swarovskiは、 2007年にナディア・スワロフスキーが立ち上げたブランドで、 スワロフスキーならではの創造性、 クラフツマンシップ、 イノベーション、 クリスタル・カット技術が凝縮されています。 これまで、 ジュエリーではJean Paul Gaultier、 Viktor&Rolf、 Christopher Kane、 Maison Margiela、 Mary Katrantzouなど、 ホームデコールではZaha Hadid、 Daniel Libeskind、 Ron Aradなど、 それぞれの分野における超一流デザイナーとのコラボレーションを手がけています。
www.atelierswarovski.com

TOP