Brand JOY

【ブランド解説】ブライトリング編

●「プロのための計器」という商品哲学

「プロのための計器」という商品哲学はレオン・ブライトリングが時計に託した夢であり、今日でも全てのモデルに息づいている。航空産業とともに進化を遂げてきたパイロットウォッチ界の雄として君臨するブライトリングの歴史を紐解きながら尽きない魅力に触れてみたい。

 1884年に時計職人としての修行を終えたレオン・ブライトリングは故郷であるスイスのサンティミエで自分の名前を冠した「Leon Breitling」を創業。「ブライトリングと言えばクロノグラフ」と言われるほど会社の歴史とクロノグラフの歴史は密接に結び付いている。

それはレオン・ブライトリングが創生期よりストップウォッチなどの計時機能付きウォッチに情熱を傾け、やがて航空時計に興味を抱き始めたことに端を発する。結果的には叶わなかったがパイロットになることを夢見ていたことから、その情熱は航空業界に関連する研究開発へと注がれ、飛行士用のクロノグラフ製造へと向かうことになる。それはライバルメーカーとの差別化が図られたことにも繋がった。そして1915年に世界で初めて腕時計型のクロノグラフの開発に成功。さらに飛行時間や距離が伸びるに従って腕時計も進化を遂げる。まずレオンの息子ガストンがクロノグラフ専用のプッシュボタンを開発し、1923年にはスタート/ストップとリセット機能の操作分離を実現。ガストンの息子ウィリーの時代となる1934年にはリセット専用のプッシュボタンが発明された。さらに30分計から45分計へと進化するなど、現在に至るクロノグラフ機構の基礎が築かれたと言っても過言ではない。そして1936年には英国空軍公式サプライヤーという栄誉を勝ち取り、1942年にはアメリカ軍への供給も開始するなど、世界中の航空界とブライトリングの密接な関係は深さを増していく。

 航空産業とともに歩んだクロノグラフの先駆者、ブライトリングの技術革新はまだまだ続く。1942年に世界初の対数目盛り付き計算尺を備えたクロノマットを、1952年にはこちらも世界で初めて航空用回転計算尺を装備したナビタイマーを発表。この航空用回転計算尺は時差による計算軸を作り出すもので燃料計算が出来るという理由により空軍から圧倒的な支持を受けると同時に、パイロットウォッチ開発においての確固たる地位を不動のものとした。

 クォーツ時計が台頭し始めた1984年、ブライトリングは敢えて機械式時計クロノグラフ

ムーブを搭載した新世代のクロノマットを発表し、翌年にはクォーツ式のエアロスペースを発表。こうして機械式と電子式の2つのムーブメントを軸とすることでクォーツショックを乗り切りスイス時計復権に大きな影響を与えるメーカーへと進化する。ブライトリングのクロノグラフは陸・海・空を問わず過酷な条件化でも最高の性能を発揮するように設計されたプロフェッショナルのための計器であり、その開発には視認性や操作性、耐久性、精度といったテーマがあり一切の妥協を許さない。その高品質を証明するべく100%クロノメーター化や通常の10倍の精度を誇るスーパークォーツの開発を行う。さらに創業125周年を向かえた2009年には初めての自社開発・製造ムーブ「キャリバー01」を発表し話題をさらった。その後も独立資本ならではの革新的かつ迅速な時計開発に余念が無い。もちろんブランド哲学も大切に守り続けられており航空文化への貢献や揺るぎ無い企業姿勢も多くのファンから共感を得ている。このこだわりこそが世界中のパイロットに愛される理由なのである。

ブライトリングジャパン https://www.breitling.co.jp/

TOP