Brand JOY

グッチが中古品販売プラットフォームと提携、業界への影響は?

大手の超一流ブランドはこれまで、自社ブランド品の中古品販売(現在では「リセール」と呼ばれることも多い)には後ろ向きだった。一流ブランドには、リセールビジネスを避けるもっともな理由があった。リセールは高級ブランドを、いわば食いものにする。大幅に低い価格で販売することで、ブランドの高級感と格式が損なわれ、ビジネスの生命線である新品の販売が減る可能性もある。大手ブランドが二の足を踏んでいたことで、「スレッドアップ」や「ザ・リアルリアル」などの中古品販売プラットフォームがネット上に出現した。地域のリセール店による局所的な家内産業だったものが、全世界のオンライン・オーディエンスを対象とするビジネスになったのだ。

続きを読む(Forbes JAPAN)

TOP