Brand JOY

百貨店、コロナ一服でも本格回復が程遠い事情 EC化を一層加速、外商客との商談はズームで

 百貨店の大手各社が6月の売上高実績を公表した。三越伊勢丹ホールディングス(HD)が展開する三越伊勢丹の既存店売上高は前年同月比22.5%減(5月実績は同83%減)、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の阪急阪神百貨店の全店売上高は同10%減(5月実績は同64.1%減)だった。また、J.フロント リテイリングが展開する大丸松坂屋百貨店の既存店売上高は同25.7%減(5月実績は同71.8%減)、高島屋の全店売上高は同17.3%減(5月実績は64.1%減)となった。

続きを読む(東洋経済オンライン)

TOP