Brand JOY

ルイ・ヴィトン「タンブール スピン・タイム エアー」より、日本の伝統模様&四季を描いた限定モデルが登場

12個のキューブが順次回転して時間を示す、ルイ・ヴィトンの「タンブール スピン・タイム」。2009年に開発され特許を取得したスピン・タイム ムーブメントは、誕生10年の節目である2019年にジュネーブの複雑ムーブメント製作工房「ラ・ファブリック・デュ・タン ルイ・ヴィトン」に磨き上げられ、キャリバーLV88へと進化を遂げた。これを搭載し、まるで宙に浮いているような意匠を手に入れたのが「タンブール スピン・タイム エアー」だ。2020年、このシリーズに日本の伝統模様と四季で鮮やかに彩った新しい限定モデルが追加投入された。

続きを読む(クロノス日本版)

TOP